Coccoきらきらツアー★日本武道館

1月9日、水曜日。
行くつもりじゃなかったけど、会社の招待あったので行って来たよ★
なにげに初めての日本武道館でした笑。
b0030021_1758465.jpg

いやーもうマジで神がかってました。すごい!
セットリストこんな感じで!
b0030021_1805636.jpg甘い香り

樹海の糸
あしたのこと
晴れすぎた空
羽根〜lay down my arms〜
四月馬鹿
君がいれば
花うた
10years
An apple a day
流星郡
秋雨前線
Way Out
けもの道
音速パンチ
タイムボッカーン!
ジュゴンの見える丘
チョッチョイ子守唄
強く儚い者たち
Never ending journey

デビュー10周年のCoccoちゃんの集大成でした。
今回の模様はライヴDVDで発売するそうで、カメラが何台も入ってました。
ステージは飾り付けなど特になかったけど、とにかく照明がすごいことに!
後ろのPA横の席でしたが目がクラクラのチカチカでした。
スクリーンはなかったのでCoccoちゃんの表情はわからず
クルクル踊り、髪の毛振り乱して歌う姿を遠目で見ながら
一緒に歌いました。残念だったのはやっぱりココはコンサート会場で
踊れず騒げず、みんなのノリにもついて行けない感じでかなりのストレスでした。
缶ビールすら売ってないし、ありえない!笑。一滴も飲めなかったよー。ぐすん。
おいらはやっぱりクラブ&ライヴ人間だ笑。

けどCoocoちゃんは、優しく、凛と、かわいくほがらかに、
激しく狂ったように、苦しく切なく、ハッピーに愛らしく、
ありとあらゆる感情を歌で表現してました。
「あしたのこと」って曲は、音源ではアコースティックなゆるい曲だけど
ロックにアレンジしててすごく良かったなー。
「雨あめ降れふれ母さんが〜ジャノメでお迎えうれしいな。
           ピッチピッチチャップチャップランランラ〜ン♪」

「チョッチョイ子守唄」って曲が今回のツアーの見所、聴き所。
アカペラで呪文かマントラのように唄うCoocoちゃんには圧倒された!
コレほんとすごいからDVDでもう一度体感したい!
っていうか、マジでフジロックのグリーンステージに出てほしい!
そのくらいの歌唱力、影響力、表現力です。なんか超越しちゃった感じ。

MCで「10代の頃は愛を求めてぶち壊してきたけど、今は愛を与えたい」
「そんな大人でいたい」って言ってました。
ボクも同じ気持ちだから共感するんだなーって。
ほんとにステキな人です。白旗!かなうわけがありません笑。
「ホンモノ」ですから。でもなぜかそれが心地良い。
いろんな音楽聴いきて、これからも聴いてゆくけど
たぶん、自分の死期が近くなった頃、穏やかに耳にするのは、
U2のお気に入りの曲と、Coccoちゃんの優しい曲でしょう。

これからも応援し続けます。ありがとう!
まさに今ココで生きてます!
[PR]

by Ran-4-7 | 2008-01-12 18:42 | ライヴ